格安SIMにも3日間の通信制限がある!?注意すべきポイントとは

格安SIMにも3日間の通信制限がある!?注意すべきポイントとは

大手キャリアではデータ通信を使いすぎると通信制限がありますが、格安SIMにも同様の通信制限は存在します。

 

このページでは、通信制限についての詳細と注意すべきポイントをご紹介します。

 

 

 

通信制限についての詳細と注意すべき3つのポイント

基本的に「日」ではなく「量」

格安SIMの通信制限は「一日あたりの通信量」ではなく「月あたりの容量制限」が多いです。

 

一部の企業では「無制限」や逆に「一日あたり○mb」と言うプランも提供していますが、ほとんどの企業が月あたりの契約量の内で常識的な利用であれば通信制限はありません。

 

一時的に使いすぎると制限が入ることも

ただし一日の利用量が常識的な範囲を超える利用だと通信速度に制限が入ることがあります。

 

例えばとある会社では「直近3日間の通信料が1Gを超える場合」は通信速度に規制をするとしています。

 

その他にも一日あたりの量を規制したり低速回線利用時のみ規制するなど会社によって規制方法は異なります。

 

規制していない会社もありますが多くの会社では一日あたりの利用量によって規制する可能性があるという決まりを作っています。

 

[関連記事]
トーンモバイルのデータ通信には3日間の通信制限があるので注意!

 

常識的な使い方ならまず問題ない

ただし殆どの場合、常識的な利用方法であれば問題になることはありません。

 

上にあげた「三日間で1G」を例に考えると、動画であれば8時間、ネット電話であれば一日以上利用できる容量です。

 

デザリングをしてパソコンでオンラインゲームを行う、Wi-Fi推奨の大容量ゲームをたくさんダウンロードするなど高速通信を求められる使用方法であれば話は別ですが、常識的なスマホやタブレットの使い方であれば、まず問題になることはありません。

 

ただしそれでも使いすぎると通信制限が行われる可能性があることを理解して、ある程度は自制した使い方をしましょう。