古いスマホを超格安で活用できる!格安SIMのデータ通信プラン

古いスマホを超格安で活用できる!格安SIMのデータ通信プラン

MVNOのセット端末はSIMフリー端末が多いのですが、キャリアから販売された中古携帯でも利用できます。

 

ですから家に余っている古い端末を活用する事も可能です。

 

 

 

ドコモ系ならドコモ。回線がau系ならau

 

キャリアから販売された端末を格安SIMで運用したい場合、電波バンドと通信規格があっている必要があります。

 

正確な見分け方は色々あるのですが、初心者の方は「ドコモ系MVNOならドコモ端末を利用する」「回線がau系ならau端末を利用する」位の理解で良いでしょう。

 

MVNOは大手キャリアの通信を利用しているので、通信自体は大手キャリアと全く同じです。

 

ですから、docomoから回線を借りている会社であればdocomoの中古携帯を利用して通信ができますし、au系も同様のことが言えます。

 

 

 

データ通信専用プランの利用を

 

「新しいスマホで通話とメールもするから二台もいらない」という人であれば、データ通信専用プランを利用する手もあります。

 

データ通信専用プランとはその名前の通りデータ通信のみを行う格安SIMで音声通話は利用できません。

 

その代わりに音声通話よりも安く利用する事が可能です。

 

データ通信専用プランを利用する事で古いスマホを小型タブレットとして利用する事が出来ますし、デザリング専用機や車載専用機など二台目だからこそできる活用方法もうまれてきます。

 

また普段あまりハイスペックな用途で利用しないお年寄りや、スマホをなくしてしまう可能性が高い子供などに渡す場合、音声通話対応の契約をするという手もあります。

 

キャリアで販売されていたスマートフォンであれば、音声通話も利用可能なのでこういった用途によって契約する格安SIMを切り替えていきましょう。