白ロム赤ロム!?格安SIMで中古スマホを購入するときは要注意

白ロム赤ロム!?格安SIMで中古スマホを購入するときは要注意

 

格安SIMを中古のスマートフォンで運用したいと言う場合、白ロムを購入する必要があります。

 

白ロムとは問題がない端末の事で、問題がある端末を赤ロムと呼びます。

 

この2つについて、このページで解説していきます。

 

白ロム=問題がない端末

 

白ロムとは「情報が記入されていない端末」のことです。

 

ガラケーや特殊な端末ではSIMカードを利用せず本体に直接情報を記入しますが、最近のスマートフォンの多くはSIMカードを使っているので
「SIMカードが刺さっていない端末」
と理解しておけば良いです。

 

中古で売る場合SIMカードは基本的に取り外すなり会社に返却するので、中古端末は基本白ロムとなっています。

 

赤ロム=盗難や支払いを終えていないなどで通信ができない端末

 

白ロムの中でも何らかの事情で通信制限がかせられている端末を「赤ロム」と呼びます。

 

赤ロムになるとモバイル通信ができなくなるので格安SIMで運用ができなくなります。

 

赤ロムになる要因は色々あるのですが、一番多いのは分割払いの途中で滞納をした結果キャリアから通信制限がかけられたというものです。

 

こうなると元の所有者が残金を支払うまで解除されません。

 

その他の理由として盗品であり、所有者が盗難届けを出した結果キャリアが通信規制をかけるということもあります。

 

実店舗での販売であれば赤ロムに対して保証があるのが一般的ですが、ネットオークションなどでは赤ロムが販売されていることがあるので注意が必要です。

 

灰ロムというのもある

 

因みにこの他にも灰ロムや黒ロムという言葉もあります。

 

黒ロムとは「情報が書き込まれている端末」のことですが、前述の通りSIMカードに個人情報を書き込むのが一般的になったので最近はほとんど使われません。

 

灰ロムとは「契約は解除したが契約情報だけ残っている」という状態です。

 

つまり解約したSIMカードだけ手元にある状態で、これだと電波は拾いますが通信はできません。

 

 

 

格安SIMを使う時は白ロムを入手しよう

 

中古スマホを購入するときには、格安SIMを使えるスマホ端末を購入することが前提となります。

 

中古スマホを購入するときは、必ず白ロムを購入するようにしましょう。

 

お店によっては赤ロムだった場合に保証をしてくれる「赤ロム保証」と呼ばれるサービスがあるので、赤ロム保証があるお店を利用するとよいです。